日記の体験談を通じて、自分の思い、考えを主張していきたい。そんな意味をこめて、日記とコラムを融合させました
by sho_mizutani
カテゴリ
しょうの日記&コラム
ブンタの音楽活動日記
しょうの小説
以前の記事
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ドラマ『 CAとお呼びっ..
from YouTube PV 無料動..
ウィークリーマンション日本橋
from 日本橋
樹海一緒に行く人募集中。。。
from 人生に疲れました。。。
おてがるレジャー
from 食生活セキララ日記
キャバクラ嬢の口説き方
from キャバクラ恋愛テクニック
チョコレートの反応
from 恋愛のすべて
超短期体臭口臭無効化プロ..
from 体臭・口臭・・・においのこと..
カンチョーで逮捕!?
from 出会い迷走組曲
1円・スピッツ
from 一円市場
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヒント

広く染み渡った青い空に点々と浮かぶ白い雲。そして、その雲の間をすりぬけるように、まるでカーテンのごとく降り注ぐ日の光。
そんな太陽の光に照らされている加藤あい似の美女は塾の敷地内にあるベンチのうえに腰掛け、静かに本を読んでいた。
美人はなにをしていても絵になる。早速僕達はあの子に聞き込みを行うことにした。

「あの~、突然ですが、少々お時間いただいてもよろしいでしょうか?」
「え?ええ・・・」
「突然ですが、あなたの純愛をいただいてもよろしいでしょうか?」
「え!?ええ・・・」



いいの!?



「ちょ、翔くん、だまってて!」

翔くん?ああ、社長なんて呼んだら変に怪しまれるから、翔くんって友達感覚で呼ぶのか。

「いきなりごめんなさい。この人、ちょっとボケキャラ気取ってるもんで」

今までで一番厳しい言われ方だ。グサッとくる・・・

「あの、どちら様で・・・?」
タカ「あなたの純愛をいただくものです!!」
・ 




「はい、しらけた~」
「空気読め」
「同じことを2回言うのはイタイです」

みんなから一斉に非難を食らったタカは肩を落としてベンチの端っこにストン、と座った。それにしてもこの女の子、なじむのが早いな。

「ごめんなさい、空気読めない人で。あの、私たち、ここの塾生なんですけど、変な噂を耳にしたんですよ。」
「変な噂?」
「そう、ここの塾の講師と生徒が付き合ってる、っていう噂を聞いたんだ。聞いたこと無い?」
「あ、知ってます!私も友達から聞きました。」
「本当に?そんなに広まってるの?」
「ええ、けっこうみんな知ってると思いますよ。」
タカ「君の名前はなんていうの?」
「え・・・」

なんで話が盛り上がってきたところでいきなりそんな質問するかな~。

「タカ、おまえ空気を・・」
「アイって言います。」
「アイ!?加藤あいに似てて、名前もアイ??」
「似てないですよ~。あんなにキレイじゃないですって。」
「似てるって!え、今何歳なの?」
「17歳です。高校3年生」
タカ「タイプは?」
「そっか~、受験生か。大変だね。だから塾に?」
「そうなんですよ。学校より塾に重点置いてますね。」
タカ「メルアド教えてくれる?」
「学校よりも仲良い友達とかできちゃったりしちゃうかもね~」
「そうですね。でも学校のほうが落ち着きます。」
「ちょっと、一見タカだけシカトしてるように見せかけて私も放置プレイしないでよね!」
「あ~ごめんごめん。それで、どの講師が生徒と付き合ってるかわかる?」
「いや、そこまではちょっと・・・でも、付き合ってる生徒ならわかりますよ。」
タカ「マジで!?」

あと一歩。あとちょっとで生徒の正体がわかっていたのに、チャイムが鳴ってしまった。

アイ「あ、私次授業があるので」

まずい。このままでは重要なヒントを持っているこの子を逃してしまう。どうしよう・・・・そう思っていたら、葵が僕にそっとささやいた。

「ちょっと社長、メルアド聞いておいてくださいよ。」
「え、いいの?」
「お願いします。」

葵ちゃんのまえで聞いたらまた嫌なことを言われそうだったので葵ちゃんが見てないところで聞くつもりだったけど、彼女自身から許可を得たので、これで堂々と聞ける。

「あの、アイ・・・ちゃん。良かったら、メールアドレス教えてくれない?」
アイ「あ、いいですよ。」

あっさりOKをもらい、メールアドレスを教えてもらい、教室へと向かう彼女を見送った。


タカ「ずるーい社長だけ!僕もさっき何気に聞いたのに~!!ブーブー!!」



                        無視


「彼女が出てくるまで待ちます?それとも、また他の人に聞き込みをしますか?」
「アイスクリームを買おう。そして、彼女を待とう。あんまり聞き込みをすると不審に思われるからな。」


数分後、アイスクリームを与えられたタカはおとなしくなってくれた。





子供か!!
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-08-25 22:54 | しょうの小説

夏休み

すっかり更新おそくなっちゃって!!誰も見てないかもだけど!!ごめんなさい!!

あれですね。もっともっとHP宣伝していかなくちゃいけないですよね。
トップページに「今日は○○を更新しました」とか。
ぶんたくんおねがいね笑

さて僕達の夏休みはもう残すところ約一週間弱となりました。
毎年思うのですが、「今年はこれを頑張るぞー!」とか、「今年こをはあれをするぞー!」とか思うくせに、結局夏休み入ると家でダラダラグダグダしちゃうんですよ。
SMAPのバンバンバカンスの歌詞と全く同じですよ。本当にもったいない日々を過ごしてしまいました。

本当は名古屋で小さなライブをやるつもりだったんです。
え?ぶんた聞いてない?ごめんな。そんな驚くなよ笑


今年の夏休み、なにか収穫があったと聞かれれば、やっぱりライブを見たことですね。
学校の友達が名古屋でライブをやったので地元の友達と見に行きました。その地元の友達もバンドを組んでいるそうで、すごい刺激になったと言っていました。僕ももちろん刺激を受けましたし、勉強になりました。
あと、その地元の友達の初めてのライブを見に行きました。自分達の初めてのライブを思い出し、なんかこう、胸のなかが熱くなってきて、萌え、燃えましたね。バンド祭は気合入れて望みます。絶対文化祭行こうな、ぶんた!!

あとなんといっても僕の中での今年の夏の最大のイベントは、中京テレビ主催の栄で行われたライブイベントでした!!
僕はmleody.と中ノ森BANDを見ました!!
melody.めちゃくちゃキレイ!!
そして中ノ森BAND。   はい。ファンになりましたい。
ボーカルの中ノ森文子さん。かわいすぎです。友達と、
「キレイ系よりも元気いっぱいのかわいい系のほうが良いな~」
と、語りましたw  
中ノ森BANDのライブが終わったあと、バスのところに人だかりができていて、いわゆる「出待ち」ということをみなさんしていたので、僕達も例外なくでまちに参加させていただきました。
出てきたんですよ!文子ちゃんが!笑 人の多さにびっくりしたのか、少しおどけて驚いたような顔をしたんだけど・・・はい。惚れました。かわいすぎです、あの表情。
絶対売れて、有名になって、いつか共演してみせます!
誇大妄想激しいやつですいませんw妄想族総長なんで笑
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-08-23 13:16 | しょうの日記&コラム

短いGW

いやあ最近めっきり暖かくなってきましたね!むしろ暑いですね。僕GWは実家にいて、ずっと家の中にいました(笑) ときどき外にでたのですが、なんだろう・・・まったく充実感のない毎日。なにかしたいなぁと思いつつも、何をしたらいいのか分からない。そんなモヤモヤした自分に苛立ちました。そして無駄な一週間をすごしてしまった後悔。これからは充実した日々を送ろう、と思っても、まずは何をすべきかを見つけなければいけません。
実家にはギターを持って帰ってなかったので曲も作れなかったし、咳があったので歌もうたえませんでした。だからこれからはそのぶんを取り返すよう、がんばらなきゃ。

GWでの出来事を一つ。
新幹線を待つ駅のホームで。となりに母親一人と子供二人の親子連れがいたのですが、まだ小さい子供なのでおおはしゃぎ。銀色の手すりにもたれかかっていたら、駅員さんに、危ないから手すりには触らないようにと注意されていました。そこから母親もきつく注意するようになったのですが、いざ新幹線が来ると、「ママー!新幹線きたよ!」とはしゃぎました。今までの様子からすると、静かにしなさい、とかまた注意するのかなあと思って見てたら、「そうね。700系かどうか確認しなさい」といっていました。いやそこは別にええやん!wまあ僕もそこは静かに見守っていたのですが、子供は手すりから身を乗り出して確認して「700系だったよ!」と言いました。
え??新幹線の頭の部分をみて700系かどうかわかるもんなん??ナンバープレートとかついてんのかな?と、僕は不思議に思い、僕も身を乗り出して確認してみました。直後、駅員さんに、「君、危ないから。」と注意されてしまいました・・・
700系かどうかわからなかったです。いまだにどうやってあの子が頭の部分だけで700系かどうか区別できたのかがわかりません。だれか教えてくれ!!
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-05-08 16:04 | しょうの日記&コラム

小説 第5話 絆

某有名学習塾。その名も、アラバマ塾。少し蒸し暑くなってきた街を何分か歩き、やっとたどり着いた塾は、新しく建てられたような雰囲気のキレイな建物に、まるで学校ではないかと思ってしまうくらい広い敷地があった。それにしても、何故にアメリカの州の名前なのか?それも今回の調査で探りたいところだ。
「ほ~。良い感じのところじゃないか。小さなキャンパスライフ♪って感じだね。」
タカ「これで塾生たちが制服きてたら最高なんですけどね~」
「制服も良いけどな、この暑い季節、薄着の方がいいだろ♪」
タカ「支社長、エロいっすね~(笑)。上からのぞくとブラジャーとか見えますもんね」
「おまえもなかなかエロいな~(笑)」
どこかで聞いたことのある会話だ。
「そんなことより、はやく中に入りましょう」
「そんなことより、こんなに蒸し暑いのに、君はなんで薄着じゃないんだ!?」
タカ「そうだそうだ!僕達のことももっと考えてくれ!」
「セクハラで訴えますよ?」
タカ「ごめん・・・」
「でもこの気温の中その格好はおかしいよ・・・」
葵ちゃんは茶色のジャージを着ていた。かわいいんだから、もっと服装に気を使えばいいのに。
そんな僕の発言に少し機嫌を損ねたのか、彼女は半ば僕を無視する形でさっそうと塾内へ潜入した。
「ちょ、ちょまてよ!」
「なによ?」
「勝手に一人で塾へ潜入したって、なんにもできないだろう?なんのために3人のチームを組んでいると思ってるんだ?なんのために俺達がいると思っているんだ?・・・もっと、俺達を信じてくれてもいいんじゃないのか?」
「支社長・・・・」
タカ「そうだよ葵ちゃん!僕達、まだ葵ちゃんから説明を受けてないから何をすればいいかわからないんだから!!」



この芝居じみた会話は、なんなんだろう???しかも一人ジャッカン空気を読んでいない人物がいるし。そしてもう早速僕に対してタメ口で反抗的な態度をとっている葵ちゃん。
「はやく聞き込み調査をしましょ」

そして僕達が最初に聞き込みを行うターゲットに選んだのは、加藤あいに似ている美女だった。

またか。また美女なのか。
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-05-07 02:06 | しょうの小説

美人モデル!?

さてさて世間はGW。僕は実家に戻っております。
そんなわけで今日は街へブラブラしに出掛けたのですが、ある大きな本屋での出来事。
ものすごい重大な出来事があったのです。なんか良い本ないかな~とさがしているとき、とびっきりの美人が通り過ぎたのです。背が高い!僕が子供に見えました。オーラがすごい!単に服装が派手だっただけなのかもしれませんが。人目でヴィトンだとわかるバッグ。服もヴィトンの財布みたいな柄w しかし、本当にモデルじゃないのか!?と疑ってしまうくらいキレイだったんです。こんな上玉めったにお目にかかれないぜ!僕の中の誰かがそう叫んだのを、たしかに聞きました。そして、当然のごとく、彼女のあとをつけました笑 
後をつけるといってもその人はなにかを探している様子で、ウロウロしてたので、しょっちゅう僕とすれ違いました。こんな何回もすれちがったら怪しまれるだろう、と思うくらいすれ違いました。彼女が振り返るたびに、「あ、この本小説になったんだ」と大きな独り言をつぶやいて本を手に取り、ごまかしていました。
このままでは男がすたる。なにか行動にうつさなきゃ。でもなんてはなしかけよう?いきなり、
「すいません。モデルさんですか?」
と聞くのもおかしいし・・・・そう思っていた矢先、彼女が店員さんになにかを聞いているではないか!しばらくして、僕も同じ店員さんにしゃべりかけることにした。
「あの、源氏物語ってどこにありますか・・・」
そもそもなんで店員さんなんかにしゃべりかけたのだろうか?しゃべりかけたところで僕と彼女がつながる、というわけでもないし。しかも何故に源氏物語??
僕は彼女を見失った。
同時に、自分に対する自身も少し失った。

ちゃんと行動にうつそう
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-05-05 18:28 | しょうの日記&コラム

鼻水&咳

早いことで新学期が始まって、もうすぐ一ヶ月がたとうとしています。それなりに学校生活も楽しくなってきたかな?まだまだ慣れてない部分もあるけれど、前向きに毎日がんばっていこうと思います。
しかし、最近この僕の密かな決意を邪魔しようとしているものがあります。
鼻水!咳! 
鼻水は、花粉症なのか、通年性のアレルギー鼻炎なのかわからないけど、医者からはアメリカ産のヘイフィーバーというやつかもしれない、ということです、そんなん僕の中で勝手にフィーバーされても困るわ!って話ですけどね。
やっぱりつらいですよ・・・しんどいし、イライラしますね、鼻水は。テンションも低くなって、誰ともしゃべる気が起こらない、って感じです。ぶんたも、「テンションの低いときのおまえはワラ人形よりつまんないぜ」と言います。
もう一つの咳。一応シンガーですから、喉のケアには十分気をつけているのですが、なるときはなっちゃうのです。万全がつくしたつもりですw咳もつらいですね~・・・早く歌いたいです。
僕の周りにも僕と同じように体調を崩している人が多いので、みなさん気をつけてください。
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-05-02 23:15 | しょうの日記&コラム

小説 第4話 また立場は下

部屋に入ってきたのは、僕より少し年上に見える女の子と、これもまた僕より何歳か上のような男の人だった。それよりも、この状況をどう説明しよう?今のままでは明らかに変態に見える。
「あ、おはよう。いやね、最近ホコリが多いから・・・」
今思うと、なんであのときもっとマシな言い訳ができなかったのだろうと、思い返すたび後悔する。ねえ、あのとき、もっとちゃんと考えてものを言ってたら、今みたいにはならなかったのかな?思い返すたび、胸が痛むよ・・・(某少女マンガ風)
「そうですね、多いですよね・・・」
タカ「はじめまして!タカといいます!今後よろしくおねがいします!!」
こんな状況でも、しっかりと自己紹介ができるのは立派だ。空気が読めないのだろうか?
「ああ、よろしく。」
僕はズボンをはきながら答えた。
「なるほど。これで今回の仕事をする、3人がそろったわけだ。これからどうするかは、秘書から聞いているのかい?」
「はい。これからターゲットの某有名学習塾へ向かい、聞き込み調査をします。最初なので、まず生徒や講師たちからさりげなく話をうかがう、という方向で」
「なるほど。城を落とすなら、まず周りから、という感じだな」
タカ「違いますよ、酵素パワーのトップですよ!」
「それは服だろ!しかも白を落としてどうするんだ。白くしないといけないのに。」
タカ「わっはっはっはっは!!」
「どうでもいいですよ。面白くないし。早く行きましょう」
この会話で、二人のキャラが大体わかった。そして、これからの立場関係も。
僕たちは早速仮眠室を出て、某有名学習塾へと向かった。
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-04-27 16:18 | しょうの小説

ジャンルの悩み

さーいよいよ新学期も始まりました。な、なんと!相方のぶんたと同じクラスになったのです!
まあ同じクラスになったからといって別にそこでバンドにとって有利になるとかは全くないんだけど・・・(笑 でもまあ友達の少ない僕としては大変助かっております。
僕はいつも授業を受けるときは基本的にボーっとしてるのだけど、最近は、「自分のやりたい音楽のジャンルはなんだろう?」ということをよく考えます。
好きなものややってみたいものというのは、必ずしもできることではないこともあります。たとえば、僕の声質だと、B'zやLINKIN PARKのような音楽は向きません。そういう得意、不得意を踏まえた上で、本当にやりたい音楽とはなにか、長く続けられる音楽はなにか、ということを熱心にしゃべりながら黒板に書き込んでいってる先生の目の前で考えています。
でもまあこればっかりは経験からしか答えは見つからないような気がしますが・・・
みなさんはもうすでに、これしかない!というジャンルを持っていますか?
近いうちにやりたい音楽を見つけて、みなさんの前で歌えたらいいな、と思います!
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-04-27 15:57 | しょうの日記&コラム

進路・・・

いや~気付いたらもう10日も更新していませんでした!あかんな~これでは。
先週、長い春休みも終わり、新学期が始まったのですが、始業式の日は妙にテンションがあがりましね。これから始まる、ある意味、新生活。高校3年生になった興奮。久しぶりに仲の良い友達と会えたうれしさといったものがうまく交ざりあって、その日は一日中しゃべってました。

さて、春休みは実家にいて、新学期が始まったら京都に帰る、というのが僕のパターンなのですが、まだ学校が始まって一週間もたってないのに、僕は今また実家に帰っております。
というのも、進路のことで親と相談しなければいけないからなのですが・・・本当の理由はケミストリーのコンサートに行くからです!!笑 今まで何人かのアーティストのライブに行ってきましたが、ケミストリーはそのなかでも一番楽しみにしていたアーティストです。これは本当に楽しみだ。また後日ライブの感動を伝えたいとおもいますw

もう高校3年生。進路で悩む時期です。まだ進路は決まっていません。いや、正確に言えば決まっているのですが、それは親が許さない、というのが現状です。これからどんどん話し合うと思います。現に、僕にはそれなりにちゃんとしたプランがあるので、そこまで悩むことではないのですが。しかし、今これを読んでくださっている同年代、あるいは同じような状況におかれている人達はどうなのでしょう。まだどの学部に行くか決めていなかったり、将来どういった仕事に就きたいか決まっていない人もいるかもしれません。僕もまだ決まっていない状況なので、正直にいうと別にこれといったアドバイスみたいなものはありませんw でも、今僕が思う、大事なことは、当たり前のことですが、焦らないこと。焦ってたいして好きではない職業、学部、勉強をしてしまっても、おもしろくもないし、人生がもったいないです。だから、僕はこれから焦らずにじっくり、真剣に将来のことについて考えて生きたいです。
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-04-14 21:45 | しょうの日記&コラム

小説:第3話 秘書への逆襲

朝、目を覚ますと、ドS秘書リサが目の前に立っていた。これは悪い夢だ。もう一回寝直すとしよう。
リサ「社長、おきてください」
そんなはずがない。秘書がここにいるはずがない。あれ?そもそもここはどこだっけ?目をあけて、あたりを見回すと、そこは会社の仮眠室だった。そういえばまだマンション決まってなかったな。
リサ「社長、もう12時ですよ」
それはそうと、なぜ彼女がここにいるんだろう?いや、それ以前に、なぜ僕はこんな起こされ方をしているんだろう!?僕の理想の起こされ方は、
「もう、起きなきゃでしょ~~」というかわいらしい起こされ方だ。そう、今みたいに布団の上から腹をドンドン蹴られながら威圧感たっぷりに起こされるのは決して僕の理想ではない。注意しなければ。社長として。
「も、もっとかわいく起こして・・・」
リサ「あら、ごめんなさい。つい昔のクセで・・蹴るつもりはなかったんですよ」
昔なんの仕事をしていたんだろう。
リサ「それよりも、社長、仕事ですよ。午後1時までに報告書をヘンリー社長に出さなければいけないんです。」
「なに!?なんで今頃言うのさ!?」
リサ「昨日言おうとしたんですけど、社長いきなり泣き出すもんで・・・」
「それは君が・・いや、なんでもない。どういう報告書を出せばいいんだ?」
リサ「この会社は情報収集の力と地域に密着していることを見込まれて、時々依頼がくるんです。」
「依頼?」
リサ「はい。例えば、ある企業からはライバル企業が今どんな商品に力を入れているか調べてくれ、という依頼もきますし、それこそ旦那が浮気していないか調べてくれ、という主婦からも依頼がきます。」
「そんなのもくるのか。まるで探偵みたいだな」
リサ「そうですね。そこで、今回依頼が来てまして、それを社長に調べてもらいたいんです。3人組のチームを組んで。報告書は誰とチームを組んだか、どういう依頼を引き受けたのか、という報告だけでけっこうです。」
「なるほど。社長自らに調べてほしい依頼なんて、相当なものなんだろうな~」
リサ「某大手学習塾からの依頼です」
「お~。え?塾!?」
リサ「はい。内容は、ある大学生の塾の講師と高校生の生徒ができてる、という噂があるので、真相をつきとめてほしい、ということです。」
「そんなこと調べるの?どうでもいいじゃん。勝手に付き合ってろよ」
リサ「その塾は恋愛禁止なんです。ましてや講師と生徒なんて、絶対タブーです」
「へぇ~。じゃあリサちゃん、僕と社内恋愛・・」
リサ「刺しますよ?」
「ごめん・・・」
なんて物騒な。しかも京都の塾の講師の話題が出た直後に・・・おっと。
「で、だれとチームを組めばいいの?」
リサ「もう時間がないので、私が選びました。後で伺いに来ますので、ここで待っていてください。では、私はほかの仕事があるので、失礼します。」
彼女がクルリと僕に背を向けた瞬間、僕は彼女のほうにむかって中指をつきたてた。ほんの冗談のつもりだった。
リサ「あ、そうそう、社長・・あ。」
「あ・・・いや、これは・・」


数分後、真っ赤に腫れ上がった頬を氷で冷やしながら、僕は呆然と床を眺めていた。もはや立場は逆転してしまったのだろうか?いや、出会ったときからそうだったのかもしれない。
「あれ・・なんだあの紙」
拾ってみると、それは名刺だった。「クラブエンジェルキッス」と書かれている。キャバクラの名刺だ。リサちゃんが落としていったのか?彼女しかまだこの部屋に入ってきてないのでから、きっとそうだろう。ん?もしかして・・・僕は急いで電話した。
「社長、今どこにいますか?」
ヘンリー「キャバ、いや、トイレ・・・今忙しいんだよ、君。あ、リサちゃん、はいはい、こんどバッグ買ってあげるから。え?わかった、シャネルね。悪いな翔、掃除のおばちゃんが話しかけてきてさ・・じゃあな」
どんな言い訳やねん。そうか、でも、これでわかった。リサちゃんは社長御用達のキャバクラではたいているんだ。よっしゃ!これはすごい弱みを握った!これであのドS秘書も怖くない!!この名刺が動かぬ証拠じゃ!わっはっはっはっは!わっはっは!
ガチャ
「失礼しま~す。このたびの依頼で社長とチームを組みます、葵といいいます。よろしくおねがい・・・あ・・」



気まずい雰囲気。僕は寝起きの姿のパンツ一丁で名刺を見ながら大笑いしていた。
どうする!?どうする俺!? 続く!!
[PR]
# by sho_mizutani | 2006-04-05 16:41 | しょうの小説